ヌルホワイト 成分

ヌルホワイトの成分は危険なものを使っている!?

SIMIホワイトの成分

ヌルホワイトは肌に塗って10分放置するパックですので、この10分放置している間に肌が荒れてしまわないか、肌が弱い人は心配ですよね。ヌルホワイトの成分には、このような肌荒れを起こしやすい危険性のある成分は含まれているのでしょうか?

 

もしも危険性の高い成分がヌルホワイトに含まれている場合、使用する時には十分に気をつける必要がありますね。では、ヌルホワイトの成分にはどんな成分が含まれていて、危険性はないのでしょうか?ここでは、ヌルホワイトに関する情報の中でも、成分と危険性を確認してみました。

 

ヌルホワイトの成分は主に3つ!

ヌルホワイトの成分は、「保湿成分」「引き締め成分」「美白成分」の3つになります。危険性の高い成分がないか早速確認してみましょう。

保湿成分

湿成分としては、ハトムギ発酵液・カミツレ花エキス・ソメイヨシノ葉エキスという3種類が配合されています。これらの保湿成分は、全て自然由来成分になっていますので、肌への刺激も少ないことが特徴です。

 

人口的に作られた保湿成分ではないから副作用の心配もあまりありません。

引き締め成分

次は引き締め成分です。引き締め成分の中には、ユキノシタエキスとセイヨウオオバコ種子エキスが配合されています。毛穴へアプリローチしてくれるのはこちらの2種類の成分からなのですね。

 

こちらの成分に関しても、食物由来成分になりますでの全く危険性が高い成分だとは言えません。

美白成分

美白成分には、ビタミンC誘導体が主に配合されています。このビタミンC誘導体とは、美白効果のあるビタミンCを、より肌へ導入しやすくするために改良された成分なので、基本的には副作用はありません。

 

しかし、ビタミンCが配合されている化粧水を付けると肌がピリピリして赤くなる方は、使用を控えることをおすすめします。

 

以上が、ヌルホワイトの主な成分になります。基本的には、危険性の高い成分は配合されていないことが分かりますよね!

ヌルホワイトの危険性は低い!

成分からヌルホワイトの安全性をまとめてみると、ヌルホワイトに含まれている成分の多くが食物由来成分から出来ていますので、危険性は低いことが分かります。これなら安心して使用出来そうですね!

ヌルホワイトの成分と安全性についてのまとめ

ヌルホワイトについての成分は、「保湿成分」「引き締め成分」「美白成分」の3つの成分か成り立っていることが分かりました。

 

では、この3つに含まれている成分は危険性の高い成分だったのかというと、どの成分達も危険性は低いことがわかりました。そのため、安心して服用することが出来ます。

 

しかし、食物アレルギーを持っている方や、ビタミンCを肌に付けるとピリピリしてしまうという方は、使用しないことをおすすめします。また、もしも副作用が出た場合には、すぐにヌルホワイトを洗い落として肌を落ち着かせてくださいね!症状が引かない場合は、かかりつけの皮膚科に相談するようにしましょう。

 

>>ヌルホワイトの最安値はコチラ